« 自民党安倍総裁の効果的SNS活用術 -絡んできた仙谷氏を撃退などなど- | トップページ | 自民党安倍総裁の二つの顔 -守旧派か真の改革者か?- »

2012年11月14日 (水)

「痺れた」党首討論・野田VS安倍 -16日衆議院解散へ 絶対に選挙へ行こう!-

Photo
(写真は産経新聞より)


本日11月14日の民主・自民両党の党首討論で野田首相は、「次期通常国会で(衆院の)定数削減を必ずやると決断してもらえるなら、16日に解散してもいい」と述べた(時事ドットコム)。これに対し、自民党安倍総裁も討論後の講演会で、定数削減に全面的に協力すると明言し、16日の衆議院解散がほぼ固まった。

総理が解散日に言及するのは極めて異例であり、ましてや党首討論で解散を明言したのは、おそらく初めてのことだろう。

それにしても今日の党首討論、評価は人それぞれだろうが、僕は今まで見た中で最高のものだったと感じた。野田氏、安倍氏とも気迫が漲っており、解散を賭けての真剣勝負。討論の後、安倍氏の顔が紅潮しているように見えたのが印象的だった。

今までの党首討論は、気の抜けたコーラのような、形式だけ整えた討論とも呼べない退屈な「儀式」のようなものだった。しかし今回は、絶対解散に追い込むという強い意気込みを持って臨んだ安倍氏に対し、解散先延ばしを図る民主党内を押さえつけての野田氏の力強い発言。まさに真剣勝負。観ていたこちらも相当痺れた。しのぎを削る両党首の議論は、歴史に残る「名討論」だったと言っても言い過ぎではないだろう。

ここまで書いたところで、政府・民主党が総選挙を、12月4日公示、16日投票の日程で行うことを決めたとのニュース速報(NHK)が入った。

いよいよ総選挙に突入する。自民党が比較第一党となることは間違いない。そして民主党が大敗することもまた間違いない。ポイントはどの程度民主党が負けるのかということと、第三極がどれだけ票を伸ばせるのかということだろう。それによって総選挙後の政権の枠組みが決まってくる。

現状では、維新の失速感が強く、太陽の党の伸びもそれほどではないことを考えると、自民党プラスαの政権になると考えるのが常識的だろう。

どういう枠組みの政権になろうが、官僚主導政治の抜本的見直し、及び官僚利権の撲滅、デフレからの脱却、日米関係の再構築、そして中国の増長を許さない毅然とした外交、これだけは必ず成し遂げなければならない。

個人的には、現時点では民主党はあり得ない。安倍氏は支持するが、自民党としてシロアリ退治をする気概が本当にあるのかを見極めたい。また、第三極にも完全に失望したわけではないので、その主張もきちんと聞いてみたい(東国原氏が維新から出馬するなら、絶対に維新には投票しないが)。

みなさんも、ご自身が一番のポイントだと考える政策を中心に、各党派の主張に真剣に耳を傾けたうえで、是非、投票行動を起こしていただきたい。よく街角インタビューで、「誰が総理になっても変わらない」というシニカルなコメントを聞くが、そういう人に限って政策について全く理解していないし、主権者としての自覚もない。我々国民があきらめてしまったら、この国はもうおしまいだ。どれだけ思い通りにならなくても、失望しても、国を動かす可能性のある有権者としての権利を絶対に放棄してはならない。

まずは各党の主張を聞き、それは単なる選挙目当てで、実現可能性のない政策ではないのかどうかを十分見極め、必ず投票に行こう!僕自身、前回は吹いてきた風に乗ってバカな投票行動を取ってしまったが、今度は騙されない。冷静な判断のもと、最善と思われる選択をしたい。

選挙は民主主義の基本であり、投票することは国民の義務であるとさえ言えると思うので、必ず行使すべきである。そして、一度信頼して投票したら、政党の活動を長い目で見守る辛抱強さを持つことも重要だ。いい加減、一年で首相が変わるような「政情不安国」としての日本を脱却しなければ、日本は本当に終わってしまう。

必ず日本は変わる。Yes, we can!(かなり古いフレーズで済みません)


↓ワンクリックでご声援いただければ幸いです。


にほんブログ村 政治ブログへ

« 自民党安倍総裁の効果的SNS活用術 -絡んできた仙谷氏を撃退などなど- | トップページ | 自民党安倍総裁の二つの顔 -守旧派か真の改革者か?- »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

Ayakikkiさん、祝福には心から御礼申し上げますが…、やはりこのテーマではAyakikkiさんの記事、「◇『無血開城』とは?~国民経済を犠牲にする無かれ!」
http://blog.goo.ne.jp/ayakikki/e/fe0c244a93b28d8ba54c9fb4580c170c?fm=rss
の方が上でした。今度はもっと自信を持てる記事での再戦を期待しています!

◇「誠!! 大和魂 4 トーナメント」決勝戦・・・
http://politics.blogmura.com/tmt_rank3929.html

不、不覚・・・
みごと完敗でした。

取りあえず、優勝おめでとうございます!

次回の対戦まで腕を磨いて、出直してきます。

てるてるお東さん、コメントいただきまして本当にありがとうございます。ご指摘のとおり、メディアの情報は偏っていますよね。ですから、それが全てだと考える人がいるとまんまとメディアに誘導されてしまいます。前回の記事に書かせていただいたのですが、今は安倍さんなどは、SNSをうまく使ってご自身の見解を積極的に発信されていますよね。いずれにせよ、多チャンネルから情報を収集し、選挙行動を決定しなければなりませんね。

てんしちゃんさん、コメントいただきましてありがとうございました。また、当ブログの記事を引用していただき恐縮です。いくら選挙があっても、投票権を行使しなければ何も変わりませんよね。お互い、一人でも多くの方に投票に行っていただけるようベストを尽くしましょうね!

Ayakikkiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。いよいよ選挙ですね。しっかりと各党の政策を吟味したうえで投票先を決めていただけるよう、情報提供頑張りましょうね!

こんばんは。前回の政権交代の立役者はマスコミでしょう。
なんたって世論は情報に依存せざるを得ませんから。
安倍政権のときから、週間新潮・文春ともに憲政史上類例無いようなバッシングだったという風に書かれてたし。朝日などは文字通りアジビラそのものでした(若宮主筆いわく社是)。
殆どもマスコミが・・・たぶん先進国では最低レベルでしょう。しかも横並び!
制度にも大きな欠陥があるようです。想定外の状況ということで。
安倍首相も、これを戦後レジームの弊害と見てるようです。
政権交代前に読売が調査した結果では、TVを多く見る層では民主党への投票率はダブルスコアで多かったそうです!NHKなども普段から、報道は「核爆弾」程の威力があると言い聞かせているといいます・・・勿論偏ってます。他の局のトップも「世論を握ったも同然」といった発言をしてたりです・・・そういうところは実際凄まじい偏向報道です。
私もネット情報を知らなければ・・・民主に投票してたでしょう。それしかないって洗脳(マインドコントロール)する報道が殆どでしたから。今でも「自民もー」でやってますよ。
ネット言論と既成マスコミとの壮絶な戦いと認識してる人々も多いようです。失礼しました。

こんばんは。
やはり、今日は「この記事」ですね!
私の方も同様です。
応援よろしく!

◇『無血開城』とは?~国民経済を犠牲にする無かれ!
http://blog.goo.ne.jp/ayakikki/e/fe0c244a93b28d8ba54c9fb4580c170c?fm=rss

拙ブログにて引用させていただきました。
政治的見識の深さに感銘・共感しました。
口先だけの政権はもう要りませんね。
実行力ある政権を期待しています。
マスコミのイメージ操作にだまされない、賢い選択が必要です。
そのためには、まずは選挙に行って一票を投じることですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766628/47843773

この記事へのトラックバック一覧です: 「痺れた」党首討論・野田VS安倍 -16日衆議院解散へ 絶対に選挙へ行こう!-:

» ボジョレー・ヌーヴォーは今日解禁o(^-^)o  国会は明日16日解散。 安倍はだらしない。 [自分なりの判断のご紹介]
本来ならば、政治テーマを 先にすべきなんでしょうが。 世界での消費の半分を 占める日本。 さらに、今年は過去最大の 不作ということで、実際の 味はどうなるのかという 不安ということで。 酒...... [続きを読む]

« 自民党安倍総裁の効果的SNS活用術 -絡んできた仙谷氏を撃退などなど- | トップページ | 自民党安倍総裁の二つの顔 -守旧派か真の改革者か?- »

フォト

アクセスカウンター

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

著作権

  • Copyright © 2012-2013 Mich Maruyama All Rights Reserved.