« メディア論からの日韓関係の考察 | トップページ | 特殊な民主主義国家・韓国 »

2012年10月10日 (水)

安倍氏潰しが始まった?

Abesan


昨日(10月9日)朝日新聞デジタルが、安倍自民党総裁の政党支部が政治資金からキャバクラ代を支出していたと報道した。今日は読売も後追い。早くも朝日新聞の安倍氏潰しが始まった。

池田信夫氏のアゴラでの記事によれば、朝日の若宮啓文論説主幹は「安倍氏をたたくのは朝日の社是」だと考えているそうなので、まぁ当然の報道。まずは軽いジャブというところだろう。朝日にとっては、安倍氏の掲げる「戦後レジームからの脱却」は決して受け入れらない。何故なら、自虐史観に基づいた「戦後レジーム」を推進してきた主人公とも言える存在が朝日であるからだ。

加えて、安倍氏は前回の政権時代、公務員制度改革に積極的であったため、官僚も敵に回している。官僚という人種は本当に狡猾な連中なので、様々なネットワークを利用して安倍氏、およびその周辺のスキャンダルの情報を収取し、それをマスコミに流す。朝日を中心とした左翼メディアであれば嬉々として報道してくれることだろう。

安倍政権において、閣僚のスキャンダルが続出し、それが内閣を追い詰めたのは決して安倍氏が「身体検査」を怠っていたからではない。どの内閣でも大同小異、スキャンダルなどいくらでもころがっている。ポイントはそれをメディアが報道するかどうか、また、どのような表現でリポートするかにかかっている。加えて、そうしたスキャンダルをメディアに積極的に提供する人物なり組織が存在するかどうかだ。

僕は自民党への不信感は未だに払拭できずにいるが、安倍氏の「戦後レジームからの脱却」、そして公務員に対するスタンスに関しては大いに共感する。ただ、安倍氏が本当にこの国の一番大きな課題である「シロアリ」退治をしてくれるのかどうかは分からない。その辺が明確になれば、安倍氏に対しての期待度も明確になるのだが。

前回に引き続き、安倍氏と朝日新聞の闘争は続くだろう。また、もし安倍氏が、僕が期待しているような公務員制度改革を実現しようとすれば、再び官僚機構と一戦交えることになることは間違いない。

しかし彼は一度総理を経験し、十分に学んでいると思う。マスコミ、そして官僚との喧嘩の仕方を学習しているはずだ。それは、彼が再度総理の座に返り咲いた際には、必ず大きな資産となるだろう。

僕は前回の総選挙において民主党に投票し、まんまと騙された馬鹿な有権者だ。よって今現在、次期総選挙でどの政党に投票すべきかは決断できていない。しかし、安倍氏が本気で官僚と闘ってくれるのであれば、それ以外の政策に異存はないので、自民党、というよりは安倍氏を支持する可能性が高いし、相当期待してもいる。

戦後日本をダメな国家にしてきた左翼メディア、あるいは官僚による安倍潰しを許してはいけない。逆に、安倍氏を中心とした、いわば「愛国主義連合」によって、この国に巣食う害虫を退治していかなくてはならない。今後の朝日による安倍氏批判に注目してみよう。

↓下記のバナー先に他の政治関連ブログがたくさんあります。参考にしてみては?

にほんブログ村 政治ブログへ

« メディア論からの日韓関係の考察 | トップページ | 特殊な民主主義国家・韓国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ありがとうさん、次期総選挙を経て、安倍政権が近付いてくれば、きっと反安倍の動きはますます激しくなるでしょうね。きちんとウォッチしていきましょう!

もうキャつらの火病に付き合っている暇は無い!
まずは日本国内の反日勢力から排除していこぉぉう!

とりあえず、この連中は間違いなく安倍さんと日本の敵ですね。
「YouTube 韓国による日本の世論工作」
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=08HT4dD3hoI&fulldescription=1


「YouTube【朝鮮進駐軍】あの団体の正体」
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=bAjM7fw1Ais&fulldescription=1

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766628/47395171

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍氏潰しが始まった?:

« メディア論からの日韓関係の考察 | トップページ | 特殊な民主主義国家・韓国 »

フォト

アクセスカウンター

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

著作権

  • Copyright © 2012-2013 Mich Maruyama All Rights Reserved.